-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Hatena Bookmark
パーソナルカラー

”似合わない”の感じがわかってきた夫

 

夫は ぜんぜん服装に興味がありません

 

物欲もないので 「買い物」自体が好きでありません

 

だからサイズ確認を必要とする靴とスーツ以外は本人同行でお店に行くことはなく

 

私が買ってきた服を文句も言わず身に着けています

 

これから外出するという休日の午後

 

「なんかさぁ〜、今日 俺ジジくさくない?」と洗面所からでてきた夫

 

50代後半ですから ジジくさくなっても不思議じゃないんですけどね・・・

 

夫がいうのには「いつもよりなんだか老けて見える らしい」 そうです

 

「だったら中に着ているシャツを試しに取り換えてみたら?」と私

 

 

             

 

夫にパーソナルカラー診断をしたことはありませんが 似合う傾向はだいたいわかります

 

黄色および黄色を含んでいる色相 中明度から高明度 中彩度から低彩度が似合う要素

 

上の写真のセーターは ベストカラーではないですが着こなせる範疇の色です

 

ただシャツに関して分析すると色相はカーキ(黄色+黒)で似合う色の要素はあるものの

 

このセーターに合わせるには 黒の分量が多い 明度が低すぎたカーキでした

 

顔の近くに暗い色みがあるので いつもよりくすんでみえて「ジジくさく」感じたのでしょう

 

中のシャツをライムグリーンに変えたら いつもの老け具合に戻ったみたい でそのまま出かけてゆきました

 

オシャレに興味も関心もなく センスもない夫ですら

 

似合う傾向の色を普段身に着けていると 「似合わない」と感じるアンテナは育つものなんですね

 

色相(色み)明度(明るさ)彩度(鮮やかさ)の三方向からお客様の「似合う」を分析するcolor+shapeシステムの

 

パーソナルカラーコンサルは なぜ似合わないか が説明できるので 

 

どうしたら似合わせられるか もご提案できます