-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Hatena Bookmark
パーソナルカラー

自分の肌色に合うファンデーションが見つからない・・・!

身長が170cm位あるモデルのようなI様

 

色彩学の基礎 明度、彩度、色相などの説明をして

 

ファンデーション診断に移ろうとした時

 

「自分に合うファンデーションがみつからないから もうファンデーションをつけるのをやめたんです」

 

唐突に言われました。

 

詳しくお話しを伺うと

 

・お店で勧められたファンデーションをつけた直後はなじんでいるようにみえるけれど時間が経つにつれて

 くすんでいると感じる

 

・知人に夕方会ったら「顔色悪いけど 大丈夫?」と言われて以来 ファンデーションをつけるのを

 やめた

 

という事だったようです

 

ファンデーション診断では I様はブルーベースタイプ。

 

ブルーベースは ピンク系の肌ばかりと思われがちですが 日本人は黄色人種です。

 

特例な方(白人に近い青みがかった白い肌)を除き黄みの色素も少なからず含まれているんですね

 

だからファンデーション選びが難しいのです

 

イエローベースタイプの方のファンデーション選びはそう難しくありません

 

S社 K社など国内メーカーならピッタリくる色みは多いと思います

 

パーソナルカラーコンサルでは 肌色の傾向を調べる為ファンデーション診断を行いますが

 

その時に使うのが www.prioricosme.com の4タイプのファンデーション

 

ファンデーション選びに迷っている方はいちどHPをチェックしてみてください

 

 

 

 

 

I様にお似合いになる色の傾向やベーシックカラー 素材 色合わせのポイントなど

 

一通りお話しして コンサルを終えました

 

「今週末 東京にショッピングに行くんです 新しくメイク用品も買い足します」

 

と嬉しそうに話して下さいました

 

color+shapeコンサルはベストカラーでなくとも配色や明度・彩度に気をつければ服は着こなせます

 

とお伝えしていますが 

 

直接肌にのせるメイクアップアイテムは ブルーベースまたはイエローベースの色傾向に

 

そって選んで下さい とアドバイスしています

 

肌の地色と混色して「くすみ感」をださない為です

 

 

コンサル終了後 お客様の第一声は様々です

 

「今まで選んでいた色達で良かったんだ。これからは自分のチョイスに自信がもてますね」

 

という方もいます

 

「こんな色が似合うなんて以外です。こんど挑戦してみます」

 

という方もいます

 

I様のように 自分にあうメイクの色が分かったことに 喜んでくださる方もいらっしゃいます

 

コンサルの中でどの話に強く関心を寄せるかは お客様によっていろいろですが

 

多分 それが今のお客様にとって一番欲しかった 情報や言葉なんだと思います